かつ曲がる柔軟性を備える

軽さと薄さの革新的な太陽光パネル

  • check_box


    屋根の耐荷重に不安で設置できなかった方


  • check_box


    お屋根が小さく断念した方


  • check_box

    特殊な屋根や景観条例やデザイン性を守りたい為壁面に設置したい方

FLEXIBLE SOLAR G+は今までにない軽さと薄さ、

かつ曲がる柔軟性を持った新しい太陽光パネルをご紹介します。

これらの特長により従来の太陽光パネルにはない利点が生まれ、

さまざまな用途において優れた性能を発揮します。

エネルギー効率の高さ

フレキシブルソーラーG+

省エネ性能向上と環境への配慮

  • Point 01

    重さ

          新型: 軽い 3kg/㎡

         従来: 重さ 15㎏/㎡


  • Point 02

    サイズ:デザイン:反射

              2サイズ
       ブラックパネルも標準仕様 色変更可能※

          低反射。雪の反射対策にも〇


  • Point 03

    保証

    メーカー品質・発電保証 +独自施工保証


以前狭いお屋根で断られたお客様も!
南面の壁にスペースが余ってる貴方に対応

太陽光パネルは施工場所を選ばず、住宅やオフィスビル、工場などさまざまな用途に適した省エネ設備です。日差しを利用して電気を発電する太陽光パネルは再生可能エネルギーの一つとして注目されています。その可能性は無限大であり、地球環境への負荷を減らすエコなエネルギーソースとして、今後ますます普及が期待されています。太陽光パネルは単なる電気を発生させるだけでなく、蓄電池やインバーターなどと組み合わせることで、より効率的に電力を利用することが可能です。さらに、太陽光パネルはエネルギーコストを削減し、将来のエネルギー需要にも対応しご自宅や企業の電気代というコスト削減に、

大きく貢献し持続可能なエネルギーソースとして着実に広まっています。

是非、プロの省エネ設備専門アドバイザーまでご相談を!!東京都一都三県の太陽光発電のご相談は株式会社Y2エナジーグループ!!

世界13カ国で十分な導入実績!!


様々な条件の場所に設置されてる施工事例あり!!

当社は革新的な太陽光パネルを使用した施工事例がございます。
陸屋根は勿論の事、瓦屋根・折半屋根・曲面の屋根・壁面など様々な場所への取り付け可能となっております。
お客様からのご要望に合わせて、導入された太陽光パネルは高性能で耐久性に優れ、省エネ効果が高いことが特長です。実際の導入例を通じて、太陽光パネルがどのように暮らしやビジネスに貢献しているかをご確認いただけます。環境への配慮からエネルギー効率向上まで、各施工事例において使用された太陽光パネルの特性や効果について詳しく紹介いたします。太陽光エネルギーを活用することで、電気代の削減や地球環境への貢献など、様々なメリットがあります。

是非無料でのご相談いただけますと、弊社独自の発電シュミレーションも作成可能となっておりますので是非ご検討下さい。

施工事例紹介
背景画像
未来へのエネルギー革命

電気を売り買いする時代から 作る時代  貯める時代という新時代へ・・・

近年、太陽光パネル技術の進化が目覚ましいものとなっており、再生可能エネルギーへの取り組みはますます重要性を増しています。太陽光パネルは、太陽光を電気に変換するためのデバイスであり、その効率や耐久性が高まることで、今後さらなる普及が期待されています。持続可能な社会を築くためには、エネルギーの効率的な活用が不可欠であり、太陽光パネルはその一翼を担う存在となるでしょう。再生可能エネルギーの普及により、地球環境への負荷を軽減し、気候変動に対処するための重要な解決策として期待されています。

さらに、太陽光パネルの導入によって、エネルギー自給率の向上や電力の安定供給など、エネルギーインフラの改善にも貢献することが期待され

尚且つ蓄電池で蓄えることにより災害対策にも繋がります。

東京都や各自治体の補助金も活用とまとめ

  • お客様の声
  • お客様の声
  • お客様の声
  • お客様の声

クール・ネット東京から、太陽光発電と蓄電池に補助金が発表されています。

令和5年度は「家庭における蓄電池導入促進事業 災害にも強く健康にも資する断熱・太陽光住宅普及拡大事業」に係る補助金がありましたが、
3月にて締め切りが決定しております。

ですが現在令和6年度予算案にも約683億円という大型補助金も予定しており

可決・成立する見込ではございますので来年度もこれから悩むお客様や引き続き費用面でお悩みだった皆さんも、
この機会に蓄電池を導入するチャンスはまだまだ続く予想です。

補助金申請が難しいとお悩みの方には、弊社では補助金の申請手続きを完全サポートさせていただきます。 【クール・ネット東京 蓄電池補助金】


お客様の声・・・
当社の蓄電池を導入されたお客様からは、電気代の節約効果や快適な暮らしに関する様々な体験談が寄せられています。例えば、ご家庭での電気代が大幅に削減され、また蓄電池を通じて電力を効率的に利用することで、快適な暮らしを実現された方も多くいらっしゃいます。
また少ない容量を選んでしまった方からも増設をご希望されるお客様もいらっしゃるぐらいです。

節約に繋がるエコな暮らしを実現できたお客様の声や今後のエネルギー政策や社会インフラ整備にも不可欠な存在となっている為

是非耳や意識をもっともっと傾けてみてください。
気になる点や何かご不明な点があれば弊社省エネ設備専門のアドバイザーまっでご相談を・・・太陽光や蓄電池のご相談は株式会社Y2エナジーグループまで・・・



補助金活用の提案
補助金を活用することで、太陽光パネルの導入費用を抑えることができます。当社では補助金に関する知識豊富なスタッフがお客様をサポートし、補助金申請手続きも代行いたします。補助金は再生可能エネルギーの普及を促進するための支援制度であり、積極的に活用することで環境への貢献度が高まります。補助金の申請には手続きが煩雑な場合もありますが、弊社ではお客様の代わりにスムーズに手続きを進めます。

補助金活用により、お客様の負担を軽減しながら省エネ設備の導入を実現します。また、補助金申請のサポート体制が整っているため、手続きの際の不安や疑問点もスムーズに解決できます。お客様にとって最適な補助金の活用方法を提案し、再生可能エネルギーの導入を円滑にサポートいたします。補助金を活用して、より効率的なエネルギーの利用や環境への貢献を実現しましょう。
お問い合わせ
当社では新しい太陽光パネルに関するご質問やお問い合わせに丁寧に対応いたします。お客様のニーズに合わせた最適なプランを提案し、専門スタッフが丁寧に対応いたします。太陽光パネルの設置やリフォーム工事に関するご相談から補助金の活用まで、お気軽にお問い合わせください。当社では省エネ設備の導入からメンテナンスまでトータルでサポートいたします。お客様の暮らしや環境に合ったエネルギーの活用方法をご提案し、快適で節約につながるエコな暮らしを実現するお手伝いをいたします。お気軽にお問い合わせください。

電気代が上がり続ける中で、再生エネルギーによる太陽光パネルのコストメリットを活かした暮らしを提案

省エネ設備専門のアドバイザーへ相談!!

導入後のメリット!!

  • check_box

    太陽光パネルを設置することで自然エネルギーを活用しコスト削減

  • check_box 蓄電池を導入し、電気代を削減
  • check_box 再生可能エネルギーによる快適な暮らしを実現
  • check_box 補助金の活用でコストを抑える
  • check_box 高品質なパネルと施工保証による安心感
  • check_box 施工期間を最短にし、スピーディーな対応

電気代が上昇し続ける現代において、再生可能エネルギーを活用した暮らしは大きなメリットがあります。株式会社Y2エナジーグループでは、省エネ設備の導入とリフォーム工事を通じて、お客様の電気代を節約削減に向けて省エネ設備専門アドバイザーがエコな暮らしを提案しています。

お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~19:00

Campaign

Amazonギフト券

50,000円分

プレゼント中!*

ご紹介キャンペーン

2024年3月31日まで

Contact お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

最新情報
  • 最新情報
  • 最新情報
  • 最新情報
  • 最新情報
太陽光パネルは再生可能エネルギーの中でも注目を集める技術です。近年、太陽光パネルの効率向上やコスト削減が進み、さらなる普及が期待されています。日本国内でも太陽光発電の導入が進み、エコな暮らしを実現するための一翼を担っています。最新の技術動向では、さまざまな製造メーカーが高効率パネルの開発に注力し、パネルの出力向上や耐久性向上が進んでいます。これにより、より小さな面積でより多くの電力を発電することが可能になり、省スペースで高性能な太陽光パネルを設置することができるようになりました。さらに、太陽光パネルと蓄電池の組み合わせによる自家消費システムやデジタル技術の活用など、太陽光パネルの活用方法も多様化しています。今後も太陽光パネル技術の進化に注目が集まり、エネルギーの自給自足や環境負荷の低減に向けた取り組みがますます活発化することが期待されます。